金剛筋シャツの悪評は本当か!?購入して徹底解剖!

金剛筋シャツ,悪評

 

金剛筋シャツって加圧シャツの中で一番人気のある加圧シャツです。
そんな金剛筋シャツの口コミに悪評があるのですが大丈夫なのでしょうか?

 

実は金剛筋シャツの悪評にはある傾向があることを発見してしまったんです。

 

「明らかな誇大広告!どうしてこんな誇大広告を出せるのか!?」

「勘違い利用者!誇大広告の被害者か!?」

 

これら2つが密接につながり悪評が出てしまうというメカニズムです。
これだけでは意味がわからないと思いますので説明しますね。

 

明らかな誇大広告!どうしてこんな誇大広告を出せるのか!?

金剛筋シャツをはじめとする加圧シャツには、明らかに誇大広告と思われる発言があります。

 

「金剛筋シャツをたった1週間着ただけでバッキバキのシックパックに!」
「金剛筋シャツを2週間着ただけで10kgも痩せた!」

 

最近は誇大広告の取り締まりが厳しいってご存知ですか?
それなのに金剛筋シャツはなぜ誇大広告を出せるのでしょうか?

 

実は取り締まりが厳しいのは主にサプリメントです。
サプリメントの広告で明らかな効果を表現してしまうと「薬機法」に引っかかります。

 

薬機法とは?
医薬品・医療機器の安全対策強化や、再生医療の実用化促進に向けた承認制度の創設などを目的として2014年11月25日に薬事法(現薬機法)が改正されました。

 

例えば、サプリメントで効果効能について消費者に過大な期待を抱かせたり、医薬品と誤解を受けるような表現を禁止しています。
これはサプリメントを飲めば治るんだと勘違いさせてしまい、適正の医療を受ける機会を逃してしまうことを防止するためです。

 

このように特にサプリメントでは広告の規制が厳しく取り締まられています。

 

ところが金剛筋シャツのような加圧シャツにはこれらの規制は適用されません。そのため誇大広告を平気で掲載することができるわけです。

 

もちろん、みんながみんな誇大広告を出しているわけではないのですが、誇大広告の方が目立ってしまい、結果的に信じてしまう人が増えてしまうのです。

 

勘違い利用者!誇大広告の被害者か!?

正直誇大広告の方がスゴイ効果が書いてあるので、利用者は誇大広告の方を信じてしまいます。

 

「3ヶ月継続してやっと少し効果が出てきた」という記事より、「たった1週間で腹筋がバッキバキ」という方に人は惹かれますよね?

 

なので誇大広告を信じて金剛筋シャツを購入する人が増えます。

 

でも誇大広告のような効果は得られるわけないので、
「なんだよ金剛筋シャツ効果ないじゃん!」
「金剛筋シャツは詐欺だ~」
という悪評が立ってしまいます。

 

金剛筋シャツの本当のところは、最低でも3ヶ月は継続して欲しいのです。
2週間とか1ヶ月着ただけでは効果は実感できないと思った方が良いです。
もちろん個人差がありますので1ヶ月効果を実感できる方もいるかもしれませんが、その可能性は低いと思います。

 

金剛筋シャツの悪評の理由わかりましたか?

どうでしょう?
金剛筋シャツの悪評の理由はわかりましたか?

 

世の中にインターネットが普及して便利な世の中になった反面、情報は自分で精査しないといけません。

 

インターネットの情報を鵜呑みにしてしまうと、間違った解釈をしてしまうことになってしまいますからね。

 

ということで金剛筋シャツを短期間使った結果効果なしというような悪評は気にしなくてOKです!

 

僕自身いくつかの加圧シャツを試してみましたが、金剛筋シャツが一番効果を体感しました!
着圧がどの加圧シャツよりも強いことが僕にはマッチしたみたいです。

 

金剛筋シャツ悪評

 

 

あとはHMBサプリも結構効果を実感しました。
僕が試したのはHMBアルティメイトっていうHMBサプリです。
>>HMBアルティメイトの口コミは?

更新履歴